CBDとは

CBD(カンナビジオール)とは?大麻との違いは?今世界的に話題のCBDについて理解しよう

CBD(カンナビジオール)

近年瞬く間に世界に広がったCBD商品ですが、そもそもCBDとはどのようなものでどんな効果が期待できるのでしょうか。

ここではCBD(カンナビジオール)と大麻の関係性やCBDで期待できる効果について理解を深めたいと思います。

CBDとは?

CBD(カンナビジオール)

CBDとはCannabidiol(カンナビジオール)の略名で植物の大麻に含まれる成分(カンナビノイド)の一つになります。

CBDと大麻の関係性についてしばしば取り上げられる理由として、基本的にCBDは大麻から抽出できる成分だからです。

大麻に含まれる成分と聞くと驚く人もいるかも知れませんが、大麻には100種類以上の成分が含まれており、その中でも代表的な成分がCBD(カンナビジオール)THC(テトラヒドロカンナビノール)と言われる成分になります。

CBDとは?

CBDは非精神活性化合物で薬理効果(リラックス効果など)が最も期待できる成分とされており、リラックス効果以外にも小児てんかん症などの難病治療にも有効とされています。

またTHCにも様々な薬理効果が見られますが日本ではTHC(精神作用がある成分)が含まれた商品は違法なものになります。違法薬物に該当する世間一般的に言われる「大麻(マリファナ)」とは 大麻草の中でもTHCが含まれた葉や樹脂のことを指します。

しかし海外ではTHCの成分にも注目されていて様々な分野で活用・研究がされています。
それではCBDは違法ではないの?と思う方もいると思いますが、CBDは主に成熟した大麻の茎や種から抽出することが出来る為CBDに違法性はなく日本でも合法で使用が認められています。

<大麻取締法 第一条>

この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。

つまり日本で売られているCBD商品はこういったTHCが含まれていない且つ、茎や種から抽出された商品になります。

大麻草に含まれる主な有効成分

主な有効成分
  • CBD(カンナビジオール)
  • THC(テトラヒドロカンナビノール)
  • CBN(カンナビノール)
  • CBG(カンナビゲロール)
  • CBC(カンナビクロメン)

など

CBDの効果・効能

身体調整機能「エンド・カンナビノイド・システム」

なぜCBDがこれほどまでに注目されるようになったのか、それはCBDに期待される効果にあります。

生物には免疫調整、運動機能、記憶や認知など身体のバランスを整える身体調整機能「エンド・カンナビノイド・システム」というものがあり、エンド・カンナビノイド・システムは加齢(老化)やストレスなどによりカンナビノイドが不足することで正常に機能しなくなり様々な疾患に繋がることがわかりました。

そこでCBDなどのカンナビノイドを補給することでエンド・カンナビノイド・システムを整え、心身ともに正常に生活ができるように導いてくれる可能性があるとして注目されるようになりました。
日々研究は進められていますが、既に臨床結果により証明されている効果もあります。

臨床結果で証明されている主な効果

主な効果
  • 抗ガン効果
  • 抗炎症効果
  • 抗不安効果
  • 鎮痛効果
  • 神経保護効果
  • 抗酸化効果
  • 抗菌効果

など

上記以外にも様々な疾患への効果が期待されていますが、CBDが世界中で注目されるようになったきっかけが「癲癇(てんかん)」です。

2013年にアメリカの大手テレビ局で小児てんかんを患う5歳の少女のドキュメンタリーが放送されました。
当時の医学のあらゆる手をつくしても改善されなかった繰り返し起こる発作の症状がCBDによって劇的に改善され世界中の難病に苦しむ人達の希望となりました。
このことでアメリカや世界各国で大麻の見方が一変し、一気に医療大麻としての地位を確立しました。

また、CBDにはリラックス効果があり鬱・不眠症などの症状の改善にも期待されています。
CBDを摂取することで自律神経や心のバランスを整える効果に期待できると言われています。

自律神経や心のバランスを整えることで眠りの質を高め、睡眠障害の軽減、不眠症の改善などに有効であるとされています。

上記でも記載しているようにCBDには鎮痛効果や抗炎症効果も証明されていますので、偏頭痛に悩まされている方はもちろん、肉体疲労や筋肉痛などの炎症緩和の期待からスポーツ業界からも大変注目を浴びています。

海外でのCBDの認知度や使われ方

海外のCBDショップ

日本ではあまり情報が入ってきませんが、海外では随分前から大麻の使用を認めていこうという動きがありました。

いまでは欧米やカナダをはじめたくさんの国で医療大麻はもちろん、嗜好品としもその使用が法的に認められています。

CBDに関しても同じで2013年にアメリカで放送されたドキュメンタリーから一躍脚光を浴び、2017年にはWHO(世界保健機関)がCBDの効果を評価する報告書を発表しました。

またWADA(世界アンチ・ドーピング機構)は禁止薬物からCBDを除外、FDA(アメリカ食品医薬品局)は2018年にはCBDを有効成分とするてんかん薬(Epidiolex)を承認しました。

海外でのCBD製品の主な使われ方は、癲癇の発作予防・睡眠の質の向上・慢性の痛みの緩和・また落ち着きのないペットに使用したりと多岐にわたって使われています。

CBDを使用する前に知っておきたいこと

CBDオイル

CBDには様々な効果が期待されていますが、CBDにはCBD単体の製品フルスペクトラムと呼ばれる製品、テルペンが配合されている製品があります。

CBD製品におけるフルスペクトラムとは大麻草の薬効成分のうちカンナビジオール(CBD)以外の天然由来のカンナビノイドも含まれた製品になります。
もちろん日本で流通している様々なフルスペクトラムCBD製品はテトラヒドロカンナビノール(THC)は含まれていません。

またテルペンは植物の体内で作られる100%天然由来の成分です。CBD単体で摂取するより、フルスペクトラム製品やテンペル配合といった多数の有効成分を一緒に摂取したほうがより効果に期待できるとされています。

なぜなら多数の成分(主にテルペン)を一緒に摂取することにより、有効成分が相乗的に働きアントラージュ効果(相乗効果)を生み出すとされているからです。

注意点

車の運転

個人差がありますがCBDの使用を始めたばかりの人はCBD摂取後に眠くなる可能性があります。
これはCBDの効果のひとつ、「リラックス効果」のため眠気を感じる方もいます。
眠気は全ての方に該当はしませんが、これから使用を考えている方は就寝前に摂取するなど、一度使用してみてどのタイミングで使用するか検討した方が良いでしょう。

妊婦・授乳中

現時点で妊娠中や授乳中のCBDの摂取についての研究結果はほとんどないのが現状です。

妊娠中にCBDを摂取し無事に出産できたケースもあるようですが、子供の成長過程でどのような影響があるかわからないため独断での使用は控えた方が良いでしょう。
どうしてもCBDを摂取したい方はかかりつけの産婦人科医に相談してみてください。

子供の使用

CBDは精神活性作用がなく安全性が非常に高いといわれていますが、子供に対してはどうなのでしょうか。

子供の使用についての研究結果の報告はまだ少なく、エビデンスとしてまだ安全性が保証されていないのが現状です。
病院などで処方された薬との相互作用を引き起こす可能性も考えられますので、使用前には医師に相談した方が良いでしょう。

子供に対しての安全性が確立されていないとはいえ、事実、上記でも紹介したようにアメリカで週に300回ものてんかん発作に苦しんでいた少女にCBDを投与したことにより発作が激減した実例もあります。
その他、まだ研究段階ですが自閉症の子供に効果がある可能性の研究結果もでているようです。

スポーツ選手

CBDには鎮痛効果や神経保護効果があり、常に怪我のリスクを抱えているアスリートにとって非常に注目を浴びています。

WADA(世界アンチ・ドーピング機構)は2018年に禁止薬物リストからCBDを除外したことをきっかけにスポーツ業界に広まっていきました。
昨今では世界のプロアスリートだけでなく日本のプロアスリートも使用しています。

しかし、全てのCBD製品が禁止薬物リストから除外されたわけではありません。
大麻草から抽出したカンナビジオールは微量ながらもテトラヒドロカンナビノールも含まれている可能性があるため、WADA(世界アンチ・ドーピング機構)の基準では大麻類似性物質ではない合成カンナビジオールのみ除外されているので注意が必要です。
※日本国内で販売されているCBD製品はそのほとんどがTHCフリーです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
現在分かっている効果以外にもこれから様々な効果が期待できる希望に満ちたCBD(カンナビジオール)。

今回はCBDについての効果や世界的な動きについてお話ししました。

ストレスの多い現代社会を自分らしく生きていくためにCBDでリラックスしてCBDの可能性を感じていただければ幸いです。

ABOUT ME
CBD FREAKS
CBD FREAKS
CBDで健康的にストレスフリーな生活を送れるように、CBDに関するあらゆる情報を発信していきます。